BREAST CENTER 乳腺センター

乳腺センター概要

Overview

今や乳がんは成人女性の11人に1人の割合でかかると言われており、女性のかかるがんの一位で、年々増加の傾向にあります。
乳がん患者は、30歳代後半から急激に増加し40代後半から50代、60代の罹患率が高くなります。
患者数の多い40歳代、50歳代は、職場などでの社会的な責任が増したり、子供の進学など家庭的にも重要な時期で、こうした時期に発症しやすい乳がんへの対応は、社会的にも重要な課題となっています。
当院の乳腺科では、平成30年7月より「乳腺センター」として乳がんの早期発見と治療に取り組んでおります。

乳がんと良性疾患を
トータルに検診・治療する乳腺センター

がん診療センターの受診は、基本条件として既に「がん治療」を受けている方が対象になります。多根総合病院がん診療センターを受診するには、既に治療を受けている病院や診療所からの転院となりますので、今治療を受けられている主治医に相談していただき、受診の予約を取っていただきますようお願いいたします。

がん診療センター長 / 外科 副院長 / 乳腺センター長
 西 敏夫(にし としお)

乳腺センターの特徴

乳腺センターでは、乳がんや乳腺良性腫瘍、乳腺炎など乳腺疾患全般について、診断や治療を行っています。
当院では大阪市の乳がんの住民検診を受けることができます。また精密検査機関でもあります。乳がん検診で異常を指摘されたり、ふとした時に、乳房に硬いしこりをふれたことはありませんか? 乳房に対し少しでも気になる方は、乳腺外来(月、火、木の午後、水曜日の午前)を受診ください。乳癌学会の専門医・認定医が担当しています。

治療方針

日本乳癌学会で発行されているガイドラインに沿って治療を行っております。
わかりやすいようにご説明し、治療方針を決定させていただきます。

主な検査

  • マンモグラフィ
  • 超音波
  • MRI、CT、シンチ
  • 細胞診
  • 画像ガイド下組織診(バコラ)

対象疾患

乳癌、乳腺良性腫瘍、乳腺炎など

主な治療

  • 乳房温存療法、胸筋温存乳房切除、センチネルリンパ節生検
  • 乳房再建(一期、二期)
  • 術前・術後化学内分泌療法
  • 放射線治療